傑作『HOSTILE ホスティル』の感想・twitter等のまとめ

洋画 - サスペンス_洋画
HOSTILE ホスティル
公開:2017年 | 制作:フランス  ※キャスト・スタッフはページ下部に記載

見どころ/ストーリー紹介

終末世界を舞台に、異形の存在との攻防と恐ろしくも切ない愛を描いたサバイバルホラー

CGのようなクリーチャーを生身で演じるハビエル・ボテットの存在感に圧倒される。
主人公の回想と、クリーチャーに襲われる現在のストーリーが混じりあった先の展開も必見。

爆発的な伝染病が地球を襲い、わずか2~3千人の人類だけが生き残った。

ジュリエットは世界の終末を生き延びた若き女性。
過去の人生から、諦めずに闘うことを学んできた。

彼女は自分が属する生存者グループの中で最もタフで肝の据わった存在として、広大な荒野や廃墟と化した街の周辺へ車を走らせては物資や食料を探している。

ところがある日、ベースキャンプに戻る途中でハンドルを取られ、車は制御不能に陥ってしまう。

感想・レビュー

作品紹介を見て、ドキドキのゾンビ物かと思ってみたら大間違い。

話は、淡々と進むので、途中で駄作だと思って観るのを止める人もいるかもしれないが、最後まで見ないとダメ。
この映画の一番の見所は最後だから!

最後を理解したら、「うわっ、そ~いう事か!」と驚きつつ、胸が切なくなります。
久しぶりに、「やられた~」と思ったホラー映画です。

主人公と婚約者にどれだけ感情移入出来るかが作品の評価の分かれ目になりそうですね。
ホラーファンがちょっと好きそうな作品です。

切ない、胸が痛む、心が痛む。
この表現が当てはまるかなと。

最後までどうなるのかわからない展開で、過去と現在を交互に進める展開はあまり好きではないのですが、最後にきっちりと噛み合ったときの切なさは、ちょっと胸が苦しくなりました。

もしかしたら泣かれる方もいるかなとおもえるお話です。

パッケージや解説からは予想できない内容です。
完成度は高いので高評価です。
ただ、2度見ることはないですね。
切ない気持ちになるのは苦手なので。

「HOSTILE ホスティル」を
U-NEXTの31日間無料トライアルで見る

「HOSTILE ホスティル」のポイントまとめ

恋愛系ヒューマンドラマでサバイバルホラー。

パンデミックにより人類が減少した世界。

低予算映画ではあるがストーリーは逸品です!

視聴後、哀しい気持ちになるオススメの映画ですね。

「HOSTILE ホスティル」の動画配信チェック

■ Netflix →→→→→ 無し

■ U-NEXT →→→→ 無料

■ Amazon prime →→ レンタル


※「ネトフリ」、「アマプラ」は配信期間が短いので小まめにチェック!


『HOSTILE ホスティル』を無料でフル視聴する方法!

『HOSTILE ホスティル』を見逃したという方やもう一度見たいという方に、
無料で視聴する方法を説明します。

『HOSTILE ホスティル』はU-NEXTで現在配信されています。
今ならU-NEXTで『HOSTILE ホスティル』をフル視聴することができます。

U-NEXTは初回31日間無料キャンペーンをやっており、
無料キャンペーンの期間内なら映画やドラマなどを楽しむことができます。

この機会にお試し入会してコンテンツをチェックしてみましょう。

私がU-NEXTをおすすめする理由

    ☆U-NEXTをおすすめする7つのポイント☆
  • 公式動画配信サービスの中でも国内最大級の動画数!
  • 映画・ドラマ・アニメなどの動画を見ることがでる!
  • 漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができる!
  • U-NEXTではR18コンテンツも見放題なんです!
  • 初回登録から31日間、無料で動画が見れる!
  • 無料期間中に退会しても解約料など不要の0円!
  • 初回登録時に600円分のポイントプレゼント!

無料トライアル中に解約しても費用がかからないので、
まずは無料体験の登録をして、どんな作品があるのか
31日間かけてチェックできるからオススメなんです♪

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

↓↓↓下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します↓↓↓


『HOSTILE ホスティル』を
↓↓↓お得に見るなら↓↓↓

YouTubeにある関連動画

Amazonで販売中の関連商品

DVD・ブルーレイ

 

【Amazonプライムも30日間無料体験あります】

twitterの『HOSTILE ホスティル』情報まとめ

キャスト・スタッフ

出演(ジュリエット)ブリタニー・アシュワース
(ジャック)グレゴリー・フィトゥーシ
(クリーチャー)ハビエル・ボテット
ジェイ・ベネディクト
監督マチュー・テュリ
音楽フレデリック・ポワリエ
脚本マチュー・テュリ
製作ザヴィエ・ジャン

 

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL