『MEGALODON ザ・メガロドン』の感想と関連情報まとめ

洋画 - モンスター_洋画
MEGALODON ザ・メガロドン
公開:2018年 | 制作:アメリカ  ※キャスト・スタッフはページ下部に記載

見どころ/ストーリー紹介

全てを飲み込む超巨大な古代ザメに海軍の兵士たちが立ち向かうパニックアクション!

潜水艦もひと飲みにする巨大ザメを前に、絶望感がひとしお。
飲み込まれてしまった潜水艦サイドの脱出劇と、外側からの救助及び撃退作戦が進むという展開が見どころ。

ハワイ沖を哨戒中のアメリカ海軍駆逐艦が、沈没したロシア潜水艦を発見した。
生存者の救助に向かったリンチ中佐は巨大なサメと遭遇。

それは数百年前に絶滅したはずの古代ザメ「メガロドン」だった。
リンチたちは脱出を図るも、潜水艦ごと飲み込まれてしまう。

感想・レビュー

B級と分かってて見たけど凄いB級だった!

サメも海もCG感が凄い!
おかしいなCGって勢いとか迫力を出せるはずなんだけど。

というかサメが出てこない。
むしろアメリカとロシアの艦内バトルの方がメインで何度かサメのこと忘れた。

あと、カメラの手ブレが凄いしアクションも全部アップで揺れる揺れる。
おかげでどんなバトルしてるのかとか全体図が無くてよく分かんない。

ラストの貴重なvsサメ見たかったなー!
でも、B級映画ってなんかクセになるんだよねー

同じような時期にこの題材、多分Bかな?
このジャケットだしきっとBだ!

だからなんだ、奇跡の様に面白いBだってある!!
見なくては分からん!!!
ってことで観賞。

始まり方に既視感、まんま寄せてて笑った。

いつ何時出くわしても良いように、日頃から鍛えている者なら、多分大丈夫(観賞できる)もっと酷い惨状を私は見てきた・・・

ただ、これはパニック映画じゃない。
パニック映画を見たい時はコレじゃない。

「MEGALODON ザ・メガロドン」を
U-NEXTの31日間無料トライアルで見る

「MEGALODON ザ・メガロドン」のポイントまとめ

B級モンスター・パニック・ホラーはおもしろい!

どちらかというと渋めな米海軍ヒューマンドラマかな。

巨大サメが大暴れするのをもっと見たかったんだが。

「MEGALODON ザ・メガロドン」の動画配信チェック

■ Netflix →→→→→ 無し

■ U-NEXT →→→→ 無料

■ Amazon prime →→ 無料


※「ネトフリ」、「アマプラ」は配信期間が短いので小まめにチェック!


『MEGALODON ザ・メガロドン』を無料でフル視聴する方法!

『MEGALODON ザ・メガロドン』を見逃したという方やもう一度見たいという方に、
無料で視聴する方法を説明します。

『MEGALODON ザ・メガロドン』はU-NEXTで現在配信されています。
今ならU-NEXTで『MEGALODON ザ・メガロドン』をフル視聴することができます。

U-NEXTは初回31日間無料キャンペーンをやっており、
無料キャンペーンの期間内なら映画やドラマなどを楽しむことができます。

この機会にお試し入会してコンテンツをチェックしてみましょう。

私がU-NEXTをおすすめする理由

    ☆U-NEXTをおすすめする7つのポイント☆
  • 公式動画配信サービスの中でも国内最大級の動画数!
  • 映画・ドラマ・アニメなどの動画を見ることがでる!
  • 漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができる!
  • U-NEXTではR18コンテンツも見放題なんです!
  • 初回登録から31日間、無料で動画が見れる!
  • 無料期間中に退会しても解約料など不要の0円!
  • 初回登録時に600円分のポイントプレゼント!

無料トライアル中に解約しても費用がかからないので、
まずは無料体験の登録をして、どんな作品があるのか
31日間かけてチェックできるからオススメなんです♪

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

↓↓↓下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します↓↓↓


『MEGALODON ザ・メガロドン』を
↓↓↓お得に見るなら↓↓↓

YouTubeにある関連動画

Amazonで販売中の関連商品

DVD・ブルーレイ

 

原作(小説・コミックなど)

 

関連グッズ


 

【Amazonプライムも30日間無料体験あります】

twitterの『MEGALODON ザ・メガロドン』情報まとめ

キャスト・スタッフ

出演(キング大将)マイケル・マドセン
(スティーパー大佐)ドミニク・ペイス
(リンチ中佐)キャロライン・ハリス
(イワノフ艦長)エゴ・ミキタス
(ヤナ・ポポフ)エイミー・ストルティ
(ジェームスン)スコット・C・ロー
監督ジェームズ・トーマス
製作デヴィッド・マイケル・ラット

 

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL