『死霊のシスター』の感想とYoutube・twitter、VOD配信情報

洋画 - 幽霊_洋画
死霊のシスター
公開:2018年 | 制作:アメリカ  ※キャスト・スタッフはページ下部に記載

見どころ/ストーリー紹介

◆『死霊館』シリーズ&『ライト/オフ』の監督が放つ最新作にして最恐ホラー!
2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以上の興行収入を上げ大ヒットを記録。
以降、その世界観はシリーズ化され、累計1,350億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている『死霊館』シリーズや『ソウ』シリーズ『インシディアス』シリーズなど、数々の大ヒットホラー映画を生み出した、ジェームズ・ワン待望の最新作!

◆『死霊館』ユニバースのスピンオフ作品!
『死霊館』、『死霊館 エンフィールド事件』『アナベル 死霊館の人形』『アナベル 死霊人形の誕生』と今や『死霊館』ユニバースと呼ばれる大ヒットホラー作品において本作の悪魔ヴァラクは『死霊館 エンフィールド事件』にも登場し、見る人を恐怖に陥れる悪魔の修道女…今後も更なるスピンオフ作品『へそ曲がり男(The crooked man)』の製作も予定されており、更なるユニバースの拡大が待たれる!

◆全米1位のロケットスタート!
全米では9/7に公開開始し、それまで3週連続で1位を獲得していた『クレージー・リッチ! 』を追い抜き、初週1位のロケットスタートとなった!

◆主演女優も『死霊館』シリーズと深い繋がりが!
アイリーン役の主演女優タイッサ・ファーミガは『死霊館』シリーズでロレイン・ウォーレンを務めたヴェラ・ファーミガの実妹。
『エンフィールド事件』で姉を恐怖に陥れる悪魔ヴァラクは次は妹を更なる恐怖へと誘う! !

【ストーリー】
若妻が死霊のシスターに襲われる!逃げ場のない屋内ホラー
自ら命を絶ったシスターの霊が主人公を恐怖に陥れる。
ポルタ―ガイストをはじめ、ホラーのエッセンスはたっぷり。
明るい昼間にも現れ、容赦なく主人公を襲う霊に鳥肌。
アンナは、幼い娘・クレアと、再婚相手のマイクと共に翌日の引っ越しに向けて準備を始める。
そんななか、突如ポルターガイスト現象が起こり始め、壁や床には「とどまれ」の文字が刻まれる。
家に閉じ込められたアンナの前にシスターの霊が現れる。

感想・レビュー

目新しい工夫をせず、正面から昔ながらの恐怖映画にひきこむような演出に好感がもてます。
往年のハマー・プロ作品をそのままに、予算と脚本をしっかりとくんで取り組んだ佳作です。

オープニングの恐怖、美しい修道院外の風景、こうした恐怖映画にはお定まりの村の居酒屋、この演出が本当にうれしかった!
まるで、ハマー・プロのドラキュラのリメイクをみているような前半の導入部。

なによりも絶世の美人ではないが清潔感と愛らしさと強さが同居したヒロイン役の女優さんがよかった。

ラスト近く、背中に悪魔の紋章の傷を受けたところでは、あー、この女性が悪魔に憑依されるのだなぁー、と思ったりしてたんですが。
恐怖場面の演出も正統派で、あざとさがなく、瞬間ドッキリの場面も少ないので、ゆっくりと、じわぁ~と怖がるようにできてます。

これは脚本と演出が、相当自信をもってないとできない技です。
最終的に、このシスター姿の悪魔は現代にも出現し災いをもたらすわけですから、ハッピーエンドとはいかないだろうとはわかっているんですが、そんなに後味悪い終わり方でもない。

とにかく雰囲気づくりが上手です。
もっとも、こういうのは物足りないという方もおられるのでしょうが。
演出・脚本+女優さんで☆8個です。

ジェームズ・ワンが監督若しくは制作を手掛けたシリーズはインシディアスから始まり、実在の事件を扱った死霊館事件やアナベル事件へと広がりを見せているわけですが、この死霊館のシスターは時系列的には一番最初で、エピソード・ゼロというべき映画です。

舞台は第2次世界大戦の終結から少し経ったルーマニアの修道院です。
そこで起こった奇妙な事件を解明すべく、バチカンから派遣された神父と、何故か指名された見習いシスターが、修道院の異変に最初に気が付いた修道院に生活物資を届けている青年の案内で修道院に向かうが、修道院の周囲には禍々しい気配に満ちていて…というところからストーリーが始まります。

時代的には1950年代なのですが、修道院そのものが人里からかけ離れ、元は城だったという歴史の古い建物という設定のため、映像がゴシック・ホラー的で、部屋の暗がりという暗がりに邪悪な存在が潜んでいそうな雰囲気は、この映画の怖さ、面白さを高める要素となっています。

本来のシリーズである死霊館シリーズは実在の事件を元に映画化されたもので、人が霊に憑依されるという、いわば生々しい怖さを感じさせるものでしたが、その前日譚であるこの映画は、基本的にノンフィクションで、謎を解きながらお化け屋敷、若しくはダンジョンを探っていると、所々で邪悪な存在がワーッと飛び出してきてといった具合の演出で、ねっとりした怖さではなく、びっくりさせられる怖さの部分も多く、ホラーだけれどエンタメ映画でもある側面を持っています。

ネタバレになるので触れるのが難しいのですが、エピソード・ゼロということで、事件が解決できなかったという嫌な終わり方をしているのではというと、鑑賞後の雰囲気はそういう嫌な思いが残るという心配は気にされる必要はないと思います。

映画の主演の一人は、タイッサ・ファーミガという女優さんで、死霊館シリーズのヴェラ・ファーミガさんの実の妹さんです。

「記憶探偵と鍵のかかった少女」という作品にも出ていて、上品そうな、いい若手美人女優さんと思っていましたが、この作品でも邪悪な存在に翻弄されつつも、気高く立ち向かう見習いシスターにぴったりのいい演技を見せています。

個人的には、以前はそうは思わなかったけれど、改めてみると横顔とかがお姉さんそっくりだったりして、やっぱり姉妹って似るんだなあと思いっきり当たり前のことを思いながら鑑賞しました。

主人公はシスター見習いの若い女性ですが、なかなかキュートな可愛らしい女優さんです。
一見、か弱そうで、とても悪魔なんかに立ち向かえるようには見えませんが、純粋に神を信じ、敬虔であろうとする強い信念のようなものを感じるから不思議です。

最恐の悪魔「ヴァラク」は本当に怖いです。ヴァラクを演じた女優さんのインタヴューを見て、申し訳ないですが、もともとあんな怖い顔立ちの女優さんだったのも驚きです。

最初から最後までずっと重い空気が充満するような内容ですが、丁寧に作りこまれていて久々に楽しめる映画だったと思います。

「死霊のシスター」を
U-NEXTの31日間無料トライアルで見る

「死霊のシスター」のポイントまとめ

死霊感シリーズで最高の恐怖!

これは映画館で見たかったですねー

「死霊のシスター」の動画配信チェック

■ Netflix →→→→→ 無料

■ U-NEXT →→→→ 無料

■ Amazon prime →→ レンタル


『死霊のシスター』を無料でフル視聴する方法!

『死霊のシスター』を見逃したという方やもう一度見たいという方に、
無料で視聴する方法を説明します。

『死霊のシスター』はU-NEXTで現在配信されています。
今ならU-NEXTで『死霊のシスター』をフル視聴することができます。

U-NEXTは初回31日間無料キャンペーンをやっており、
無料キャンペーンの期間内なら映画やドラマなどを楽しむことができます。

この機会にお試し入会してコンテンツをチェックしてみましょう。

私がU-NEXTをおすすめする理由

    ☆U-NEXTをおすすめする7つのポイント☆
  • 公式動画配信サービスの中でも国内最大級の動画数!
  • 映画・ドラマ・アニメなどの動画を見ることがでる!
  • 漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができる!
  • U-NEXTではR18コンテンツも見放題なんです!
  • 初回登録から31日間、無料で動画が見れる!
  • 無料期間中に退会しても解約料など不要の0円!
  • 初回登録時に600円分のポイントプレゼント!

無料トライアル中に解約しても費用がかからないので、
まずは無料体験の登録をして、どんな作品があるのか
31日間かけてチェックできるからオススメなんです♪

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

↓↓↓下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します↓↓↓


『死霊のシスター』を
↓↓↓お得に見るなら↓↓↓

YouTubeにある関連動画

Amazonで販売中の関連商品

DVD・ブルーレイ

『死霊のシスター』ブルーレイ


『アナベル 死霊人形の誕生』ブルーレイ

 

関連グッズ

『シスターゾンビマスク コスプレ』


『死霊館のシスター ポスター/スチール写真 A4 パターン4』

 

【Amazonプライムも30日間無料体験あります】

twitterの『死霊のシスター』情報まとめ

キャスト・スタッフ

出演レイシー・ハートセル
ブラッド・ベレミジャン
ジョナサン・エヴァレット
ケイト・キルコイン
レイ・ハント
監督アーロン・ミルテス
音楽クリス・ベンドリック
脚本アーロン・ミルテス
製作アーロン・ミルテス

 

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL